​経歴・沿革

1953年(昭和28年)

広島市鳥屋町6番地(現大手町1丁目7-4)にて調子昭雄が創業。電気機械器具の卸売の営業を開始しました。

当時では珍しい蛍光灯照明をはじめ、昇降機、受変電設備など多くの三菱電機製品を官公庁ほか広島県下各地に販売していました。

三光産業株式会社

1962年(昭和37年)

業務拡張に伴ない広島市の中心地大手町5丁目(現大手町3丁目3-1)平和大橋東詰に事務所を移転しました。

1964年(昭和39年)

三菱電機株式会社の機器代理店資格を取得しました。

1993年(平成5年)

三菱電機株式会社のビルシステム代理店資格を取得しました。

2002年(平成14年)

創業者調子昭雄が代表取締役会長に就任し、三宅弘敬が代表取締役社長に就任しました。

1966年(昭和41年)

業務拡張に伴ない現在地(大手町3丁目3-3)に新社屋および倉庫を建設、本社を移転しました。

1986年(昭和61年)

広島バスセンターに螺旋状に昇降するスパイラルエスカレーターを納入させていただきました。(写真は「広島バスセンター40年史」より)

2018年(平成30年)

おかげさまで創業65周年を迎えました。

1995年(平成7年)

三菱電機株式会社への発注総額が1,000億円を突破しました。

2020年(令和2年)

経済産業省から「健康経営優良法人(中小企業部門)」に認定されました。(4年連続4回目)

三菱電機株式会社 1966年 広告 こたつ あんか

©SANKO SANGYO CORPORATION all rights reserved