倫理・遵法方針

私たちは企業の社会的責任(CSR *1)の重要さを常に意識し、下記の方針に従い企業人としての責任を果たしてまいります。

 

法の遵守

コンプライアンス(法令遵守)は企業人の最低限のルールであることを常に認識しつつ、社会全体の倫理観や常識の変化を意識し行動します。法、社会倫理、あるいは社会常識にもとる行為をしなければ達成できない目標の設定等は行ないません。

また自らの扱う金銭、手形等の財産、また営業活動中に得た仕入先やお客様の情報等に対し、公私を厳しく区別した行動をとります。

 

社会と地域への貢献

安全かつ優れた技術を有する製品をお客様にお届けすることにより社会の発展に寄与している、との自負を持ち企業の社会的責任を自覚しながら行動します。

また、良き企業市民として地域の行事等に積極的に参加し、より良い社会の実現のため、社会貢献活動を積極的に推進します。

 

人権の尊重

文化や道徳観、倫理や法体系等が多様であるグローバルな事業環境においても、常に人権を尊重し、国籍や人種、性別等による差別は行いません。また、最も身近なステークホルダー*2である従業員にとっては、働きやすく、やりがいのある職場作りに努め、仕事を通じて自己実現や自己成長を図ることのできる、意欲あふれる従業員を積極的に支援します。

 

環境問題への取り組み

かけがえの無い地球環境を全世界の皆様と共有していることに留意し、地球環境保護への取組みを重要な経営課題のひとつと位置づけ、豊かで快適な社会の実現に向け事業を推進します。

 

※1 CSR  企業の社会的責任のこと。Corporate Social Responsibilityの頭文字。

※2 ステークホルダー 企業・行政等の利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者を指す。利害関係者。

 

倫理遵法体制 

CSR.jpg

・社長の下に「CSR委員会(以下委員会という)」を設置し、CSRの推進及び法令遵守状況の確認・改善を行なう。

・各営業部門・管理部門の部門長を「倫理遵法マネージャー」に任命し委員会の一員として CSRの推進責任者及び諸問題発生時の窓口とする。

・問題発生時には、「倫理遵法マネージャー」から委員会に対し速やかに報告を行なう。